名刺のサイズってどんな大きさ?

現在、日本で使用されている名刺のサイズというのは、そのほとんどが、4号(91×55mm)規格となっています。ですから、名刺というと通常91×55mmのことを言い表します。
最近では、欧米タイプ(89×51mm)も増えてきました。
この4号と欧米タイプで、実際に使用されている用紙の99%以上と言えるでしょう。
3号(85×49mm)は、少し前までは女性の方が良く使用していました。
特に角丸が人気だったそうです。
ですが、最近では女性の方でも大きさは4号です。
世の中に女性が、ビジネス界に進出しつつあるからかもしれません。

また、用紙の専門メーカーでも、4号という大きさは種類も多いとされていますが、欧米タイプや3号になってくると、種類は非常に少なくなってきます。
それ以外の大きさですと、小型3号・小型4号・5号・6号・7号というサイズが存在します。
しかし、これらはメーカーのカタログにもほとんど見かけません。
特注と考えたほうがいいと言えます。

そして、名刺用紙の種類も沢山あります。
そして、厚さもまたさまざまです。
厚さ0.5mm/枚に近いものから、0.1mm/枚に近いのものまで幅広く扱っています。
特厚・中厚・薄口と呼び方などにも種類がきちんと名前があります。

このようにサイズも詳細に種類がある名刺。
普段、何気なく使用している方が多いかと思いますが、こうやってみてみると奥深さを感じることが出来るかと思います。
個人的に作成したいと考える方は、ご参考頂ければ幸いです。

*このサイトは現在準備中です